Tomosax 質問のコーナーです。 毎日勝手なことばかりブログに書いているtomoでもよければ、質問にお答えします。 あくまでも勝手極まりない個人的な意見なのでそのあたりを理解して、軽い気持ちでお付き合いいただける方のみご投稿お願い致します。 簡単すぎて聞きにくい質問からあれどう思う??などブログには載せるほどでもないちょい質問まで、答えられる範囲でがんばります、、、。

Tomo  サックス何でも質問掲示板

216143
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

無題 - K

2017/04/13 (Thu) 22:55:07

現在使っているテナーサックスが、マウスピースをネックコルクの見えなくなる所まで入れても音程が低く、困っております。
マウスピースを変えても、他の人に吹いてもらっても同じ症状ですので、恐らく楽器に原因があると思うのですが、
買い替え以外で、何かいい対処法はご存じですか?

Re: 無題 - tomo

2017/04/13 (Thu) 23:12:56

ご質問ありがとうございます。

マークシックスの場合はロングネックなどがありましたが、通常の仕様の楽器の場合は、それはパッドが低すぎるからでしょう。

キーを低くしすぎると音程はグッと下がりますから、まず知見があるひとにバランスよく広げてもらうといいでしょう。

無題 マキ

2017/04/08 (Sat) 16:44:46

アルトサックスの質問です。
マッピ、ネック、リガチャーがよければ本体は中古でも大丈夫ですか?

Re: 無題 - tomo URL

2017/04/09 (Sun) 11:55:24

マキ様

ご質問ありがとうございます。
詳しくは

中古サックス 購入の落とし穴!!!
http://for-begginers.tomosax.net/%E4%B8%AD%E5%8F%A4%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%92%E8%B2%B7%E3%81%86%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%81%AE%E6%B3%A8%E6%84%8F%E7%82%B9%EF%BC%81%EF%BC%81%EF%BC%81/

のページに書きました。参考にされてください。


楽器についた音程のクセ - 68xxx

2017/02/19 (Sun) 21:09:19

数本もっているアルトサックスのうち、一本だけ音程のクセが強烈な奴がいます。前所有者が管曲がりを直さずに使っていたことによるクセだと分かったため修理し、大分マシにはなりました。しかしまだまだ演奏中に補正しきれないレベルで、気持ち悪さがあります。
こういうのは、ひたすらロングトーンすることで改善していくものでしょうか?お薦めの改善方法があればお教えください。

Re: 楽器についた音程のクセ - tomo

2017/02/20 (Mon) 12:16:13

ご質問ありがとうございます。

音程の癖?というのは物理的には、

①トーンホールの位置
②トーンホールの穴の大きさ
③パッドの開き
④金属的な(しばしばマウスピースとの相性による)抵抗によって演奏者が口元を締めたり緩めたりすることによる音程の変化

があるでしょう。
どれが理由かによるかとは思いますが、④の可能性が一番高いようでそれは練習をすれば演奏者のほうが変な癖をつけて修正をすることが可能でしょう。 

ですがそれは他の音程があっている?楽器を吹いたときに、今度はそっちの楽器が変な癖がついている、、と感じるでしょうからそういう機能的に難の楽器で練習するのは一般的にはやめたほうがいい、というのが共通の認識だと思います。

Re: 楽器についた音程のクセ - 68xxx

2017/02/21 (Tue) 23:30:40

早速ご回答いただき、ありがとうございます。
お聞きしたかったのは、「正しい音程のロングトーンにより、楽器側を正しい音程にしつけ直すことが可能でしょうか?」ということでした。
もしそれが不可能で、演奏者側の癖で相殺するしかないのでしたら、確かに他の楽器が吹きづらくなるのでマズいと思っています。
ですが、今のマウスピースとの組み合わせが音色も反応も最高でして、音程だけが問題なんです。換えるのはあまりに残念無念・・という感じなんですが、やっぱり難しいでしょうか?

Re: 楽器についた音程のクセ - tomo

2017/02/23 (Thu) 00:03:29

ご返信ありがとうございます。

>>「正しい音程のロングトーンにより、楽器側を正しい音程にしつけ直すことが可能でしょうか?」

正しい音程のロングトーンにより楽器側が物理的に改変されるとすれば、①~④のうち

②トーンホールが極度のロングトーンによりごみが溜まってふさがり音が低くなるか

④極度のロングトーンにより金属が硬く、あるいは柔らかくなって抵抗感が変わり口であわせやすくなるか

のどちらかしかありえないでしょう。
高いのか低いのかよくかわりませんが、ピンポイント的に楽器に細工をして音程を直すことも可能です。

それが直せる可能性があるのは、楽器がかなり上手に吹ける、かつ、そのような修理経験も豊富で、新製品は必ず買って試しているあのお方しかいません、、、

などと書くとめちゃくちゃ怒られるでしょうが、私自身はその人しかそうの類の修理は出来ないと思っていますので、個人的にメールをいただければご紹介します。

紹介がいらないくらい有名なお方ですが、私が大体、ちょっとここ溶接して、とか、、、ここだけ0.3ミリ低くして、、、とかいうと、それやるとねえ、、、とすでに実験済みで超マニアなのです、、、そのお方で直せなければ無理かな、、、と私は思います。

ご興味があればメールください

Re: 楽器についた音程のクセ - 68xxx

2017/02/25 (Sat) 19:23:40

詳細にコメントいただき、どうもありがとうございました。
私のイメージは④でして「吹いているうちに金属の振動しやすいポイントが変わってくるのではないかな?」との期待がありました。(新品の重たかった総銀楽器が、使っているうちに鳴らし易くなってくるかのようにです。気の遠くなる作業で、うんざりしますが)
楽器への細工で直る可能性があるとは、予想していませんでした。すごい達人がいらっしゃるのですね。いよいよ行き詰った暁にはご連絡を差し上げますので、その際はぜひともご紹介ください「あのお方」を・・よろしくお願いいたします。

アンラッカーのネック - しゅう

2017/02/16 (Thu) 19:00:28

いつも楽しく拝見しています。
よろしければアドバイスください。

ラッカーのA991を使っているのですが、よりジャズらしい枯れた暗い音を目指したく、アンラッカーのネックの購入を考えています。

そこで質問なのですが、
ネックのみアンラッカーにしても効果は期待できるものでしょうか?
tomoさんのご意見をお聞かせください。なお、材質はブロンズを考えています

Re: アンラッカーのネック - tomo

2017/02/17 (Fri) 01:17:18

ご質問ありがとうございます。

991、992のネック共にアンラッカーにして吹きましたが、全部がアンラッカーな場合に比べその効果は表面積の分のみ効果が音に出るとお考えください。

マウスピースにより近いほど効果が出ることを上乗せしても、効果は10~20%くらいでしょう。

私の場合は、ブロンズのアンラッカーほうがややバリバリしているような感じです。 やはり枯れるなら、ネックのみは反応の面から通常のものか、金メッキなどで、本体がアンラッカーのほうが遥かに面白い感じになるでしょう。 

Re: Re: アンラッカーのネック - しゅう

2017/02/17 (Fri) 16:33:06

貴重なご意見ありがとうございます。

金や銀メッキのネックだと結構ガラッと変わると感じていたので、そのような変化を期待していました。考えてみれば、地金と異なる金属をまとわせるのと、単に塗料を剥がすのでは違いますね。
また、ブロンズは落ち着いた印象だったので、アンラッカーではブラスのほうが落ち着くとは意外です。

予想とは異なる点が多くご意見を伺えて良かったです。
とても参考になりました。

そらから反応のことは盲点でした。そういえば何年か前までアントニオ・ハート氏がアンラッカーに金メッキのネックでしたね。

ご意見をもとに検討したいと思います。ありがとうございました。

Re: アンラッカーのネック - tomo

2017/02/20 (Mon) 12:08:10

ご返信ありがとうございます。

アントニオの楽器もネックを変えて吹きましたが、当時は金メッキを使っていましたが、金メッキからアンラッカーにいくと音の伸びや反応が非常に物足りなく感じました。
詰まったような感じになるというか、鈍い感じがします。慣れればいいと思うのですが、私も金めっきのほうがいいなと思いました。 その後一時期アンラッカーも使っていた時期はあるようですが、、、。

無題 - ジェームズ

2017/01/19 (Thu) 12:25:36

こんにちは。
いつも楽しく見させていただいています。

アルトのking super20、41万あたりに興味があります。
シルバーネック、シルバーベルの、おそらく40万台のkingをジェームズムーディが使っている動画がありました。
基本的には簡素化された時代の安いkingという印象がありましたので、少し驚いたのですが、実際のところ40万台あたりのkingの評判はどのようなものなのでしょうか。
また、今でも使用している方はいるのでしょうか。

Re: 無題 - tomo

2017/01/20 (Fri) 00:24:46

ご質問ありがとうございます。

Mr.Moody、、、懐かしいですね。

とある若い子が居候中に彼のヘッドホンを家から盗んで他の人に売り飛ばしたりして、日本人の評判が大きく悪くなったこともありました。

ですが、氏はとても寛容で素晴らしい御方でした。 亡くなる少し前にお話させていただきましたが、奥様の早く帰ろうよ圧力をもろともせず、私に長い時間を割いていただいたことを昨日のことのように覚えています。


氏は古い時代よりキングをメインに使っておられたと思いますが、その当時実際に41万台の時代でもキングを使っていた人は多くいると思います。


というのはセルマーもその時代はアルトに関しては難が多く、パーカーやキャノンボールの影響もあってキングかセルマーかという選択肢しかなかったのだろうと思います。その中でもややキングが優勢だったかもしれません。

そのことは昭和30年代の日本の雑誌を見てもわかります。今となってはイメージしにくいですがフラセルとキングの一騎打ち、、、という感じのようです。 それゆえナベサダ氏もその当時キングを選ばれたのかもしれません。

シャープアンドフラッツの原氏もたしかキングだったとご子息から伺ったように思いますので?(間違っていたらすみません)、日本でもキングは優勢だったのかな?と、私が生まれる前のことを勝手にイメージしています。

ヨーロッパでもオリバーネルソンなどの映像を見る限りは、キングが優勢ですのでその当時はキングこそがアルトサックスの代名詞のイメージが強かったのだと思います。

30万台なら今でも根強いファンがいるでしょう。とりわけマークグロス氏が、彼はヤナギサワのエンドーサーですがたまに使っているのを目撃します。他、フランクカタラーノ氏も30万後半あたりが好みだと書いてありましたね?

ですが41万こえてキングじゃなくなった頃の楽器を敢えて選んで使っている人は見た事がありません。

41万ならマークセブンのようにギリギリビンテージですから当時そういう楽器を使っている人がいてもおかしくありませんね。





無題 - ジェームズ

2017/01/20 (Fri) 06:28:22

ありがとうございました。
大変参考になりました。
まさかムーディ氏と親交があったとは存じませんでした。
その事件があったのは何年頃の話なのですか?

やはり41万から後の買収後の楽器はあまりよくないのですね。
ちなみにキングやコーンの昔のモデルにあった、ダブルソケットのネックはどのような効果があるのですか?
現代のサックスには見られない機構だと思いますが。

Re: 無題 - tomo

2017/01/24 (Tue) 23:24:28

ご返信遅くなり申し訳ありません。

まあその事件に関しては随分前でそのかたもいいお年になられているでしょうから具体的に言及するのは避けますが、ムーディー氏がいたく傷つかれたのは間違いありません。

さてダブルソケットですが、振動を良くつたえる、あるいは息の漏れを防ぐという効果を期待したものと思われますが、実際は変に重くなっただけ、、、?というのが正直な感想ではないでしょうか? それゆえ、ダブルソケットを採用している楽器メーカはありませんよね、、詳しい人によれば、ソケットにすることよりも接合部分のかぶりの長さのほうが重要なようです。

オーバートーンについて 息切れサックス

2017/01/06 (Fri) 20:46:42

いつもお世話になっております。
さて、
「最低音のBbの指で、オクターヴ、さらには、F,Bb D...を出しなさい」
と言われます。
で、疑問なんですが、オクターヴキーは、おさないのですか?それとも、押すのですか?
どちらが正しいのでしょうか。
お教えください。

Re: オーバートーンについて - tomo

2017/01/07 (Sat) 00:58:31

ご質問ありがとうございます。

押しません、、、、、と一言でかたずけてしまうののなんですが、押しません。

ですが、指導者は倍音の練習の意味を教えるべきでそれは喉のコントロールにあります。

すなわち、指ではなく喉の動きによって音の高さを補完する動きを習得するのが倍音=オーバートーンの練習法になります。

なので喉の使い方をしっかり習うことをおススメします。
それが出来ればフラジオもpppで吹くことが出来るでしょう。

また教本としてtop of the toneというのもありますのであわせて練習されると良いでしょう。

リンクラバーについて - てなーまん

2016/12/18 (Sun) 00:03:21

夜分遅くにすみません。
何度か質問させていただいております。
てなーまんです。

今回は、リンクのラバーについて
時代を見分ける方法やポイント等、
教えて頂ければと思い質問させていただいております。

リンクラバーのアルト用を2つ入手したのですが
どの辺を見て時代の予測を立てたらよいのでしょうか?

片方は、USAの刻印が打たれていない程度の
違いしか見分けられませんでした。

バッフルなどで判断するのでしょうか?
漠然とした質問で申し訳ないのですが、
宜しければご回答よろしくお願いいたします。

Re: リンクラバーについて - tomo

2016/12/18 (Sun) 00:08:11

ご質問ありがとうございます。

スラントについてでしょうか?

Re: リンクラバーについて - てなーまん

2016/12/18 (Sun) 22:16:55

こんばんは スラントとは『OTTO LINK』の
刻印が斜めになっているものでしょうか?

当方の物はマウスピースに対して
刻印は平行に打たれております。

オットーリンクに関して
よくわかりませんで申しわけありません

Re: リンクラバーについて - tomo

2016/12/26 (Mon) 12:00:07

てなーまん様

師走でばたばたしておりご変身遅くなり大変申しわけありません。

リンクラバーは古いものはOtto Linkが斜めに打たれており、斜め=スラントと呼ばれていて70年代はいったころまでこのような規格となります。

その後バビット社に買収されてからロゴが平行になります。

バビット社に買収された後のもののうち、フロリダのリンクの時代の在庫品で作られたものに関してはアーリーバビットと呼ばれいくつか種類があります。 

スラントと同じ作りでフロリダで仕上げたけどロゴだけ横のもの、フロリダの未仕上げのものをバビット社が仕上げたものなどです。 

このうちバビット社でしあげられたものはビークの形がまっすぐだとか、USAの字が非常に小さいとか、、いろいろ言われていますが、それらのほとんどはバビット社が初期にいちか作ったものが多いようです。 

このあたりのことをひっくるめてアーリーバビットと最近では呼んでいて詐欺が横行しています。

バッフルが極端に高い、鑢の目、ビークのかたち、フォントがどうとか、その辺で類推することが多いですね。

でこの直後になると、おそらく80年だい入った辺りでは中に番号が書いてあったりします。

それ以降の時代のものは基本的に見分けることは不可能で、材質の感じで、、ぷらすっちの多さなどで大体90年代かな、、と言った程度のあいまいな推測が出来る程度の見分けたしか出来ません。

あとアルトは一部チェンバーが四角なものがありましたがこれも初期のバビットですね。

80年代以降のものは形も結構変わっていて見分けるのはほぼ不可能です。

さらにはアルトに関してはアーリーバビットもテナーとは異なることと、あまり人気がないために知見が全くありませんので、ネットで探してもほとんど情報は出てこないでしょう、、、。

ご返信遅くなり大変申し訳ありませんでした。

Re: リンクラバーについて - tomo

2016/12/26 (Mon) 12:01:55

誤字が多くてすみません、、、

Re: リンクラバーについて - てなーまん

2016/12/31 (Sat) 23:09:12

Tomoさん 
 お忙しい中返信ありがとうございます。
番号が打ってあるというのはテーブルの裏側あたり
でしょうかね?

少ない情報の中ですが、いろいろと調べてみたり
聞いてみたりすることも楽しんでおります。

またいろいろと質問させて下さい。
ありがとうございました。

ソプラノサックス - さくらんぼ。

2016/10/05 (Wed) 22:55:41

はじめまして。中学生のテナーサックス担当です。

約1週間半後にあるコンサートでソプラノサックスを吹くことになりました。
今日初めて吹いたのですが、高いF、Fis、そしてB♭から上の音が鳴りにくいです。高いFやFisは、いつものアンブシュアで吹くと「ピー」と裏返った音が鳴ります。でも、口を緩めて吹くとき、スケールを吹くときは普通に音が鳴ります。
また、高い音のピッチがとても悪いです。キンキンしているようにも聞こえます。

何かいい練習法があれば教えていただけると嬉しいです。

Re: ソプラノサックス - tomo

2016/10/10 (Mon) 15:05:01

ご質問ありがとうございます。

まず、テナーとソプラノは別物ですので、テニスがうまくても卓球ができるとは限らないのと同じです。

あるいはトロンボーンが吹けてもラッパで高い音が出ません、、というようなお悩みと同じとお考えください。

つまりできるだけ楽器に長く触る必要があります。

そして、テナーと同じ吹き方をしてもソプラノでは音が出ないのでソプラノの吹き方を身につけることが重要です。

口の締め方にもいろいろあるかもしれませんが、まずは息の絞り方が大きく違うように思います。

息をより絞って入れるようにすると口の締め具合、アンプシュアに頼らず吹けるようになるでしょう。

私のおススメの練習法はミュールの48のエチュード、の高い音が出てくるページの上のゆっくりの曲を口を離さずに通して吹くと口に力がついてくるでしょう。

最初は口がプルプル震えるでしょうがそのうち力がついてくるでしょう。

無題 なる

2016/08/24 (Wed) 20:48:22

初めまして。4月に中学校へ進学し、吹奏楽部でテナーサックスを始めました。
最初のほうはピッチも安定していたのですが、最近ピッチがあわなくなり、「口の形変えないで」や「周りの音に合わせて」と言われてもできません…
前まではカットなしで、いいね!って言われていた曲も先日メロディーやファンファーレなどのおいしい部分をすべてカットされてしまいました。
合奏の時もチューニングであわず、先輩に迷惑かけてしまっています。
どうしたら良いでしょうか?口の形を変えない方法や耳を使って周りの音と合わせられるようになる練習方、ピッチを安定させる方法など初心者でもできることを教えてください。お願いします。

Re: 無題 - tomo

2016/08/25 (Thu) 11:45:26

ご質問ありがとうございます。

まず良い吹き方で吹けているかが重要ですがここでは確認のしようもないのでそこをパスしてお答えすると、、

★口の形を変えない方法や、、

口の形を変えなければいいので、口をマウスピースから離さない、、息は鼻から吸って口の形を変えないトレーニングが必要です。

ロングトーンのときに、口を全く動かさず鼻から吸ってください。鼻から吸うと呼吸法が、、、という話もありますが、これは世界的に有名なバリトン奏者であるGary Smulyanに教えてもらいましたが、特にバリトンでは低い音を小さく発音するのが難しいために、彼はそのような練習法をされています。

なれていなければ1オクターブくらい、演奏時間にして2,3分でも結構つらいでしょう。 また本番でない合奏練習のなどでも(周りの人にばれないように)そういう風に練習しておくといい筋トレになるでしょう。

★耳を使って周りの音と合わせられるようになる練習方、、、

耳を使ってあわせる練習をするしかないので以下のロングトーン教材で、先の口を動かさない練習とともに耳を使ってあわせるトレーニングも行ってください。


http://for-begginers.tomosax.net/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%80%80%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%80%80%E6%95%99%E6%9D%90/


無題 - かわむら

2016/07/22 (Fri) 06:34:24

いつも楽しく拝見させていただいております。

ジャッキーマクリーンやアートペッパーが一時期使っていた、クランポンのスーパーダイナクションに興味があります。
現物を吹く機会もなく、評価もあまり聞かない楽器ではありますが、どういった楽器なのでしょうか。
もちろん製造年で違いはあると思いますが、サウンドや機能性でどういった印象があるか教えていただければと思います。

また、現代のジャズミージシャンでスーパーダイナクションのようなクランポンサックスを使っている人はいるのでしょうか?

Re: 無題 - tomo

2016/07/26 (Tue) 23:59:01

ご質問ありがとうございます。

またご返信遅くなり申し訳ありません。

テナーとアルトではマークシックス同様評価が変わると思いますが、アルトに関して言えば現代から見れば総じてコンパクトで弱めの楽器ということが出来るでしょう。

私が吹いたことのある楽器はかなり古めのものでしたが、

細いというかちょっとセルマーとは違う鳴り方がする楽器で、オーソドックスでない?音色がしました。 しかし、現代からみればそこまでバリバリしていないのでちょとビンテージのサウンドがするでしょう。

こういう楽器が欲しい人はセルマーでは物足りない、でも個性的なビンテージの音が欲しいという人でしょう。

機能性はそんなに悪くないけど、セルマーになれている私のとっては違和感はありました。 慣れればどってことないかもしれませんが、ちょっとやりにくかったなという印象はあります。

私はアメリカでこの楽器を持っている人を一人も見たことがありませんでした。 現代の人で有名な人で使っている人は皆無、、と言ってもおこられないかもしれません???


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.